PROFILE

リンドバーグ

リンドバーグ LINDBERG

バンド名は、飛行家『チャールズ・リンドバーグ』に由来する。
大きな夢に向かって、前向きに進んでいこうとする姿勢をバンドのコンセプトとした。

元アイドルであった渡瀬麻紀(バンドでは渡瀬マキに改める)と、そのバックバンドのメンバーのひとりであった平川達也、そして平川の音楽仲間であった川添智久、小柳昌法により、LINDBERG 結成。

【ディスコグラフィー】

1989 シングル『ROUTE 246』でデビュー。
2ndシングル『今すぐKiss Me』(最大のヒット曲で1990年のオリコン年間シングルセールス3位)が、フジテレビのドラマ『世界で一番君が好き!』の主題歌に、8thシングル『BELIEVE IN LOVE』がフジテレビのバラエティ『夢で逢えたら』のオープニングテーマにそれぞれ起用され、一躍注目を浴びる。
CM等への楽曲提供をオファーされることが多く、リリースするシングル曲の約9割にはCM等のタイアップがつき、殆どの楽曲がチャートイン。
500本を越えるライブやイベント、そして個々のソロ活動なども行ってきたが、2002年のツアーを最後に解散することを発表。同年8月24日に渋谷公会堂で行われたライブにて、14年間のバンド活動に終止符を打った。

デビューからここまでリリースしたCD(シングル、アルバム)の総売上げは「17,000,000枚」。

解散後は、プロデュースや楽曲提供、新バンド結成など、それぞれが音楽活動を行っていたが、2009年、デビュー20周年というメモリアルな年に、期間限定(1年間)でのバンド再活動を決定。
ベストアルバムのリリース、20th Anniversary Liveを始めとしたライブツアー、そして12年ぶりとなる日本武道館でのライブを成功させ、同年12月31日、中野サンプラザのライブにて再び休息についた。
2014 デビュー25周年を機に『Re:LINDBERG』(リンドバーグ、再び)と銘打ち、これまでの感謝の気持ちを『音返し』(おんがえし)として、継続した活動を決意。 4月25日のデビュー日には Zepp DiverCity Tokyoにて『LINDBERG 25th Anniversary 感謝祭』を開催し、同年7月からは全国5カ所のライブツアー、そして様々なイベントやフェスにも出演。 テイチクエンタテインメントより、ビデオテープでリリースされてきたライブ映像「FLIGHTシリーズ』10本分をDVD化した『LINDBERG FLIGHT SERIES PERFECT DVD BOX』をリリース、矢野顕子、森高千里、岸谷香、10-FEET、バンドじゃないもん!など、幅広いジャンルのアーティストが参加した初のトリビュートアルバム『LINDBERG TRIBUTE 〜みんなのLINDBERG〜』もリリースされる。 この年の東京でのライブは収録され、ライブ会場とオフィシャルウェブショップにて購入可能な作品として2作品をリリース。(ツアーDVDには、自身として初めての試みである「メンバー副音声解説」も収録) 同年11月、オフィシャルFC『LITTLE WING』も再始動。
2015 デビュー翌日となる4月26日より東阪ライブツアー『ALL TONIGHT ! SAY SHINE !!』(大人青春)を行い、26年目のLINDBERGをスタートさせた。(※ツアータイトルは2009年期間限定活動時に生まれた言葉『大人青春』を捩っている) 同年9月「月」をテーマとした東名阪ライブツアー『chu秋の迷月ツアー』では5年ぶりの新曲を披露。(※披露した新曲『キミハキミ』は翌年のオリジナルCDに収録)
2016 オールスタンディングライブツアー『HOP! STEP! JUMP! 2016』を開催。
約7年ぶりとなるオリジナルCD『EXTRA FLIGHT SINGLE』を、ツアー初日よりライブ会場限定で販売。(※多くの要望により、現在はオフィシャルウェブショップでも購入可)
リスペクトされているアーティストからのオファーも多く、その後は対バンイベントなどにも意欲的に出演。
同年12月には初の試みとなる、東京コットンクラブにてディナー形式のプレミアムライブを行い、1st Show・2nd Show 共にチケットはソールドアウトとなる。
2017 シングル曲をメインに選曲された東名阪ライブツアー『リンドバーグシングルコレクション "春" リンコレ in じゃぴゃ〜ん!』を開催。(※後述にあるDVDリリースに伴い、MV映像をライブパフォーマンスに取り入れた)
同年夏にはテイチクエンタテインメントより、レコードメーカーの垣根を越えたミュージックビデオDVD『LINDBERG ALL TIME MUSIC VIDEO HISTORY』をリリース。
このDVDのために書き下ろされた新曲『Fresh』もMVとして収録、同時に配信スタート。
この年も、地方で行われたイベントや野外フェスに出演。

かねてより体調不良を訴えていたボーカリスト渡瀬マキが、医師の診察により『機能性発声障害』と診断。
2018 LINDBERG、渡瀬マキ個人としての活動を一時的に停止させ、治療に専念。
2019 LINDBERG デビュー30周年を迎える。
2020 渡瀬マキの体調回復にあわせ、LINDBERG 30th Anniversary Tour「NO LIND, NO LIFE?」を発表。
解散後18年ぶりとなる札幌、20周年再活動以来の広島、そして単独ツアーとしては25周年再始動後初の新潟を含む、全国8ヶ所での開催となる。

ツアーに向けた楽曲制作も行い、メンバースタッフ一丸となり、邁進する。